眠れず不健康なら睡眠導入剤

睡眠導入剤というと、よくドラマや映画でも見ることがありますが、どれも依存性の高さなどを描かれています。ですが、はたして本当に睡眠導入剤は使用者にとって依存性のデメリットしかないのでしょうか?

睡眠導入剤や向精神薬に使われるベンゾジアゼピン系

睡眠導入剤にはいくつかの種類があり、そのうちのひとつがベンゾジアゼピン系です。
ベンゾジアゼピン系が副作用が起こりにくく、また誤って大量に摂取してしまった場合にも、命に関わるような事態になる可能性は低いと言われています。
ただし場合によっては筋弛緩作用からの脱力感やふらつき、また記憶障害といった副作用が起こる可能性がありますから、気を付けなければなりません。
ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤は作用時間を選ぶことができ、自然な眠りに出来るだけ近い形で眠る事ができるという特徴もあります。
また一般的には睡眠導入剤として用いられることが多いものの、向精神薬としても作用します。
これは不安や緊張、興奮などを抑制する作用を利用することで眠りを誘っているためです。
また上記の通り副作用などは少ないと言われてはいますが、向精神薬として利用するにしろ、睡眠導入剤として利用するにしろ、いずれの場合でも服用するにはやはり注意が必要です。
ベンゾジアゼピン系は依存症にもなりにくく、強い禁断症状が出る心配も少ないとされていますが、長期的に服用を続けると依存症になる恐れがありますし、服用を急にやめた場合には禁断症状が出る可能性があります。
向精神薬を飲むことで不安や緊張を和らげることは可能ですが、長期的な服用は避けるようにしましょう。
またアルコールと共に摂取すると、命に関わる自体が引き起こされる場合がありますから、決して同時に摂取するような事はしないようにして下さい。
肝機能に異常がある方や、妊娠中の女性も安易に服用することは止め、医師ときちんと相談するようにしましょう。
睡眠導入剤も向精神薬も、上手く利用するようにしたいものです。